キャンプ初心者がだまされない為のテントの選び方

A&F
SNSフォローボタン

「初めてテントを選ぶ人向け」とか

「キャンプ初心者の為のテント」とか、

謳ってるサイトの内容も見てると本当にそうなのか?と思うので、

これからキャンプを始めようと思っている友達に向けて言うように、

本音の内容を綴って行きたいと思う。

夕焼け

キャンプ初心者の為のテントとは

初心者入門用によく取り上げられるコールマンのドームテントや、

スノーピークのアメニティドームは、

本当に初心者が扱いやすいテントなんだろうか?

初心者にはドームテント1択?!

初心者が勘違いしやすい罠

上記にあげた製品は出来るだけ機能をシンプルに大量生産し、

マットや周辺グッズなどをまとめ売りすることでコストを下げ、

エントリーモデルとしてお求めやすい価格となっています。

お求めやすい価格=初心者モデル

が、転嫁され・・

初心者=ドームテント

みたいに思っていませんか?

誰しも初めて組むテントならば初心者と同じ。

要するにテントを組むことに慣れれば初心者ではなくなるんです。

言い換えれば、

エントリーモデルにこだわる必要はないという事です。

だって一回でも組み上げれば覚えるじゃないですか。

何十年もキャンプしてる人だって、

新しくテントを買えばキャンプに行く前に”試し張り”をしに行くんですよ!

(キャンプに行くまで我慢出来ないとも言う)

そしてテントを張るのに慣れた時、

周りと同じテントで本当に満足出来るでしょうか?

しかもコールマンもスノーピークも嬉しい事に丈夫なので、

なかなか次の買い替えタイミングは来ません。

初心者が買うべきものはペグとハンマー

「えっ?」と思われるかもしれません。

が、本当です。

何故ならテントを張る時に一番大変なのはペグ打ちだからです。

エントリーモデルを買っても、

付属されてくるプラスチックペグやプラスチックハンマーでは、

何度叩いても打ち込めず、必ずと言っていいほど苦労します。

逆にちゃんとしたペグやハンマーを持っていれば、

どんなテントだって無駄な力を使わずに組めるはずです。

それがテント張りを楽にする秘訣です!

初心者が最初に用意しておきたい、オススメのペグやハンマーがわかります。また、ペグの打ち方・種類・材質についても書いてありますので、読めば楽してキャンプが出来る!

上の記事で内容を紹介していますので参考にして下さい。

テントの選び方・ポイント

テント選びの基準となるのは、おおよそ下記順番になるでしょう。

  1. 使用人数
  2. デザイン・形状
  3. 価格帯

1.使用人数

テントはサイズによって寝らる人数が決まってくるので、

まずは使用人数を決めましょう。

2.デザイン・形状

デザイン・形状はどのような形のものがあるのか?

という事ですが、ざっくり分けると下記の5タイプ。

ドーム型

出典:BURTON/Nightcap tent

Burton_CampCollection_tents

ティピ型(△テント)

出典:NORDISK/アルフェイム

ノルディスク

ロッジ型(四角い家のような形)

出典:コールマン/オアシス

オアシス

リビング付きタイプ(テントとスクリーンタープをセットにした形)

出典:スノーピーク/ランドロック

ランドロック

その他(特殊な形状)

出典:キャンパルジャパン/ツインピルツフォーク

ツインピルツフォーク

3.価格帯

価格帯はピン切りです。高いほど質が上がり機能性もUP。

テント選びのポイントは居住の広さと機能(防水性・通気性など)です。

ここが良いほど、価格も上がります。

私が思う一番いいテントの選び方は、

「自分が気にいったテントで無理をしない範疇で購入する。」

「その時、良いペグとハンマーを購入する」

これに限ります。

キャンプ場に行けば分かると思いますが、

同じようなテントがずらっと並んでます。

その時自分の好きなテントが個性を放っていたら、

きっと買って良かったと思える事でしょう。

低価格のものを買ったとしても雨漏りはないはずですし、

寝心地の良さは寝袋やマットで変わります。

初めてのテント選びまとめ

テントの価格差は・・

  • 防水性
  • 通気性
  • 強度(生地・ポール)
  • 生地の種類
  • テントの広さ・形状
  • 機能性
  • ブランド

などにより、大きく変わってきます。

まずは自分が必要な仕様(人数・使用季節)を決め、

好きな形状・デザインを参考にして、

価格帯を探っていきましょう。

定番のコールマンやスノーピークの他にも、

ロゴスノースイーグルドッペルギャンガー

ユニフレームなどのメーカーからもコスパの良い製品が出ていますので、

一度ホームページを見てみるといいと思います。

それからペグとハンマーを良いものに変えれば、

テントを楽に組めるようになります!

予算3万円以内で買える!お得なおしゃれテント!

とは言え何回行けるか分からないキャンプで、

いきなり高額なものは買えませんよね。

最後にコールマンやスノーピーク以外にもある、

お手頃価格なおしゃれテントを紹介します。

また下記以外にもヤフオクなど中古を探せば、

掘り出し物もゲット出来るかもしれませんよ!

参考になりましたか?

良ければこちらの記事も参考にしてみてください!

初心者向けに押さえておきたい必要最低限の持ち物をラインナップ! デイキャンプ(BBQのみ)とキャンプ(泊まり)で増える荷物が分かるように、カテゴリで分けてまとめました! 誰でもうっかり準備し忘れることありますよね? そうならないように事前にこれを見てチェックしておきましょう。