SOTO ST-301とST-310比較。使い勝手がいいシングルバーナーはどっち?!

A&F
SNSフォローボタン

こんにちは。

ST-310に続いて、ST-301も購入しましたので早速レポりたいと思います。

310をポチる前には正直ツーバーナーも迷ったけど。。

ただコンパクト命な我が家にはシングルバーナーの魅力は絶大。

それに一個一個好きな場所で料理出来るのも嬉しい!

バーナー選択基準としては他に燃料ですが、

ガソリンやケロシン(灯油)などはポンピングが必要で、

ササっとお湯を沸かしたい時など面倒なので候補から外しました。

まぁ冬など寒い時期は今のところ外で使う予定はないし、

ガスでOKという判断ですね!

SOTO ST-301とST-310徹底比較!!

さて、せっかく2つあるので、写真を並べながら比較していきますね。

収納サイズが小さいのはどっちだ!?

■収納時のサイズ比較

[ST-301]

2016-09-19-11-56-19  2016-09-19-12-00-23

[ST-310]

2016-09-19-11-52-38  2016-09-19-11-54-28

  ポイント

両方とも凄くコンパクトですが、

収納サイズで見たら「ST-310」の勝ちですね^^

■使用時のサイズ比較

[ST-301]

2016-09-19-11-28-25

[ST-310]

2016-09-19-11-26-33

  ポイント

使用時サイズは特に差はないですが、

ガス缶を離せる分、

置き方をアレンジ出来るのは「ST-301」でしょうか。

火力が強いのはどっちだ!?

最大火力でお湯が沸くスピードで火力の違いを調査。

[試験方法]

500mlのお水が沸騰するまでの時間。

2016-09-19-11-31-16 2016-09-19-11-36-07

[ST-301]

2016-09-19-11-31-56  2016-09-19-11-35-55

タイムは3:34でした。

中々の高タイム!

[ST-310]

2016-09-19-11-39-05  2016-09-19-11-42-14

タイムは なんと2:37秒!

バーナー部分は小さくてもハイパワーでした!

ポイント

火力の強さはバーナー部分の小さい「ST-310」の方が強いという結果でした。

高火力で対応するのはこちらのほうが良さそうです!

ただ火力が1点集中のため焦げる場合があるので、

鍋やフライパンに満遍なく熱したい場合は、

「ST-301」の方が使い易いと思います。

点火しやすいのはどっちだ!?

[ST-301]

2016-09-19-11-49-08

オレンジ色のボタンが点火スイッチです。

[ST-310]

2016-09-19-11-49-40

バーナー部の下にあるため、火が付く瞬間ややビビる(笑)

 icon-check ポイント

点火のし易さは、ゴトクから離れている[ST-301]の方が断然使いやすい!

寒さに強いのはどっちだ!?

[ST-301]

・レギュレーターなし

[ST-310]

・レギュレーター搭載

  ポイント

[ST-310]にはマイクロレギュレーターが搭載されているので、

外気が下がりボンベが冷却されても、常に高火力を維持してくれます。

また、連続使用に強いのも[ST-310]!

大きい調理器具に対応するのはどっちだ!?

[ST-301]

2016-09-19-11-45-43

[ST-310]

2016-09-19-11-44-59

  ポイント

この勝負は五徳が大きい「ST-301」に軍配があがる。

「ST-310」に大きな鍋やフライパンを使ってしまうと、

ボンベが真下にあり熱せられ爆発の恐れがあるので注意しましょう。

大きい鍋用には「ST-301」で間違いなし!

SOTO ST-301とST-310徹底比較まとめ

さて、5項目での比較でしたがどちらも用途によりいいところがありますね!

寒さに強く火力安定なら「ST-310」、

大きな鍋やスキレットを使用するなら「ST-301」。

参考になれば幸いです^^

最後に価格比較も載せておきますので、ご参考ください!

価格が安いのはどっちだ!?

☆販売価格は、新富士バーナー通信販売での価格比較です。

[ST-301]販売価格:7,679円

[ST-310]販売価格:5,832円

ランキングバナー
この記事をお届けした
ちょスパの最新ニュース情報を、
いいねでチェックしてみてね!
スポンサーリンク