寒い!あともう少し暖かく!【キャンプ寝具】噂のスティンベル、インナーシュラフを使ってみた。

キャンプ用品

私が使っているスナグパックのシュラフ(ノーチラス)は、

服装での強化をしなければ15℃ぐらいを下回ったら寒いです。

冬キャンするならシュラフ買うか?

悩みましたが、

いいシュラフは高い。。(´;ω;`)

どうやらインナーシュラフというものでぬくぬくを強化出来るみたいので、

噂のスティンベル(STINBELL)のインナーシュラフを買ってみました。

おうちでコット。インナーシュラフ使ってみた

ベッド上で寝袋にインストールしても意味ないと思ったので、ベッドの横にコット置いて寝てみました。

スティンベル(STINBELL)のインナーシュラフについて

ポリエステル製で肌触りもサラサラしていて、いい感じ。

ただ生地は薄いので、果たしてこれで大丈夫なのか?という不安はある。

匂いはなし。ちょっと安心ε-(´∀`*)

サイズ感もシュラフにピッタリなご様子。

枕を入れられるところがあるので、ズレの心配はない。

さて、どうなることやら。。

シュラフの仕様

Confort:3℃

Low:−2℃

マミータイプ

使用レビュー1日目

まずはインナーシュラフなしで寝てみました。

夜中14℃を下回ったあたりから寒すぎたので、ベッドに逃避。

途中リタイア(笑)

使用レビュー2日目

インナーシュラフを入れて寝てみました。

同じように寒くて目が覚め気温を確認。

前日同様14℃でしたが、そのまま寝られそうだったので続行。

なんとか完走!

寝ること自体は出来ました(-ω-´)

スティンベル(STINBELL)のインナーシュラフ使ってみたまとめ

確かにあるのとないのでは違う!

でもこのシュラフ・この時期なら、もっと暖かいのがいいな。

使用しているシュラフの影響が大きいと思うので、

シュラフ性能と気温の関係があともう少し!って差をカバーできるいい製品だと思います。

次はちょっと嵩張ってもいいのでフリースタイプのものを買ってみようと思います。

インナーシュラフも上手に使い分ければ良さそうですね!

あとちょいぬくをお求めの方や、

丸洗い出来るインナーシーツをお求めの方にはちょうどいい一品だと思いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました