ハイキングで自然を感じ、心も身体もリフレッシュ!

A&F
SNSフォローボタン

キャンプでの遊びの定番ハイキング。

山を少し登れば滝や沢が流れていて、

朝早くに登ればひんやりとした空気が身も心も癒してくれます。

子供と登れば、まるで新しい冒険に出たように子供たちの心は弾むはず!

都会では見つけれないような草花や昆虫、鳥や動物達。

きっと子供たちならたくさん見つける事が出来るでしょう。

persons-731182_1280

ただしそこは自然の領域。

ある程度のリスクは大人の知識で回避しておきたいところ。

ハイキング、注意するべき5つのポイント

■ハチに注意!

ハチは主に春から秋にかけて活動をしていますが、7月~9月にかけては最も活動が盛んな時期となります。近づくだけで攻撃される場合もあるので周囲への注意が必要です。また種類によっては地中に巣を作るものもいますので、上ばかりでなく全体を見渡しながら歩くと良いでしょう。刺されたらすぐ病院へ!

■ヘビに注意!

キャンプで良く見かける「マムシ注意」看板。対策としては肌を露出しない。長靴やスパッツ等を着用するのが良いそうです。万が一噛まれてしまったら、毒がまわらないように心臓に近い側で縛り、ポイズンリムーバーなどがあれば毒抜きをして、すぐに最寄りの病院で手当てを受けてください。

■ヒルに注意!

ハチやヘビは大きい為探しやすいですが、山ビルは気付かないうちに足に喰いつかれていることが多いです。私もキャンプで同伴した子供たちにひっついていて大変な目にあいました。夏など暑い時期にはどうしても素足にクロックスなど軽装になりがちですが、気付けばパンパンに膨れ上がったヒルとご対面することになります。靴下、靴はしっかり履きましょう!

■クマに注意!

滅多に人里近くまでは降りてきませんが、山深く入ったり渓流釣りで沢を登っていく時などはしっかり鈴をつけてクマに音で知らせるようにしましょう。けっして出会っても死んだふりをしないように(笑)。目をそらさないようにそのままバックで距離を取る事が良いそうです。

■頭上からの虫対策!

山登りをしていると草や木をかき分けて進んだりすることもあると思います、払いのけた際にクモや虫などが落ちてくるかもしれませんので、ハットな帽子をかぶり首にタオルなどを巻いておくと安心ですよ。

ハイキングを楽しむまとめ

human

なんだかこんなに注意ポイントを挙げてしまうと怖気づいて行きたくなくなっちゃいますね(笑)しかしそれは人間が天敵のいない生活に慣れてしまっただけの事。しっかりと装備をし注意をすれば臆することなく自然を満喫出来るはずです。

そしてそういう動物や虫たちに対する注意点を教える事が、子供たちの勉強にもなり、親や大人に対する信頼感もそんなところから生まれてくるかもしれませんね。

アウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】

アウトドア用品探しならココ!

1996年にスタートしたアウトドア用品とフィッシング用品の専門店です。

取り扱い商品も30万点を超える世界最大級のショップで、製品もブランドも多彩に用意されていますよ!