ふるさと納税の魅力!返礼品と節税対策だけじゃない、直接届ける災害支援金!

A&F
SNSフォローボタン

ふるさと納税利用してますか?

私はまだふるさと納税を利用した事がなかったんですが、

今回初めて利用しました。

何故利用しようと思ったのか。

別に格好付けて言うほどのものでもないですし、

私の寄付金など雀の涙ですが。。

このふるさと納税というシステムを使うと、

今回被災した熊本県直接寄付金を送れると知ったからです。

色々な場所で寄付金や募金を集めていますが、

例えばコンビニで小銭を入れたところで本当に熊本へ届くんだろうか?

なんてちょっぴり疑心暗鬼になることってありませんか?

(コンビニ募金を否定しているわけではありません。例え話です。)

もっと直接的に届けられたら嬉しいのにと思っていたんです。

そんなところにふるさと納税で直接届けられる事を知り、

微力ながら協力出来ればと思い今回寄付を行いました。

もう一つの想い

実は熊本に親戚が住んでいるんです。

今回の震源地ではないので、そこまで心配ないかと思っていました。

が、なんと従兄弟が今回の震源地”益城町”に住んでいる事が分かったのです。

もうびっくりしましたよ。

ただ、何とか無事のようでしたの一安心。

しかし、連日報道されている以上に生活は大変のようで、

やっぱり自分に出来る何かを、

してあげなきゃいけないんじゃないかと思うようになりました。

既に私の友達にも現地へ行きボランティア活動をしてきた人もいて、

行動力があるって、マジ素晴らしいと感動!!

それと共に「ありがとう!」って、思いました。

ふるさと納税って、なんだろう?

総務省のHPを見ると詳しく書いてありますが、

その抜粋を少しピックアップしておきます。

ふるさと納税とは、

生まれ故郷を離れ、都会や別の地方で生活するようになると、

生活の拠点となる場所の税収は上がるが、生まれ故郷の税収は落ちてしまう。

そんな「生まれ育ったふるさとへの貢献」、「自分の意思で応援したい自治体への貢献」をする為の制度となっています。

それぞれの自治体がホームページ等で公開している、ふるさと納税に対する考え方や、集まった寄附金の使い道等を見た上で、応援したい自治体を選んでください。
特に寄附金の使い道については、ふるさと納税を行った本人が使途を選択できるようになっている自治体もあります。

(総務省HP)

「地方創生」愛すべき田舎が廃れる前に助けてあげましょうって事ですね。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税をするメリットとしては、税金の控除があげられると思います。

私の付け焼刃の知識では、誤った情報を垂れ流しそうなので詳しくは総務省のホームページを参照して下さい。

▶ふるさと納税のしくみ

要は払ったふるさと納税の額と年収やら家族構成などにもよって、控除される額が違いますよ。控除額には上限があるので、それ目的で納税しまくっても意味ないですよ。という事のようです。

ふるさと納税で貰える返礼品とは

食料品ばかりかと思っていましたが、そうでもないようです。

日用雑貨や工芸品、電化製品やギフト券など種類も豊富。

おもしろいのは感謝状なんてあるんですね!

私はやぱり肉系がいいかな(笑)

色々探してみるのも楽しいですね!

送付先を変える事も出来るので、

返礼品を贈り物として別の宛先へ送付する事も出来ます。

ほんの一部ですが写真をピックアップします。

高級品がたくさんお得に貰えちゃいますね!

長野県小谷村はなんとモンベルのポイント引き換えチケット!

モンベルオンラインショップで好きな商品から選べますよ!

ふるさと納税_南伊豆

ふるさと納税_佐賀牛

ふるさと納税_モンベル

ふるさと納税_草津温泉

 ふるさと納税まとめ

いかがでしたか?

ふるさと納税をするにあたっては、各人色々な想いがあると思います。

そしてその色々な想いが集まった結果が、

ふるさとへ形となって伝わり、また活性化されることを願いたいですね!

尚、クレジットカードにも対応していますので、

面倒な振り込みはせず、クレジット会社のポイントも付き賢く納税出来ますね!

今回私がふるさと納税をしたサイトは下記バナーからどうぞ。

ふるさと納税top

面倒な確定申告も不要に!ふるさと納税は「ふるなび」

ランキングバナー
この記事をお届けした
ちょスパの最新ニュース情報を、
いいねでチェックしてみてね!
スポンサーリンク